施設・環境・設備安全部会では、医療スタッフに与える影響にも配慮した作業環境を構築することで、より高い患者の安全性に繋がると考え、事例収集やセミナーの開催を行ってきました。
今回のセミナーでは、物的環境に関するインシデント・アクシデント事例を提供していただいた会員病院の方、約10名に発表していただきます。全体討議・質疑応答では、院内で起こった事例の対策や課題などをフロアの皆様を交えて議論を行い、対策や経験の共有を行います。皆様の病院の施設環境の改善の参考に役立てられる内容となっておりますので、ぜひご参加ください。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
開催日 2018年11月27日(火) 13:00~17:00
申込期間 2018年10月18日(木)~2018年11月19日(月)
会場
東京都 千代田区神田駿河台2-5
•JR 中央・総武線 御茶ノ水駅 (御茶ノ水橋出口) 下車徒歩約2分
•東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅 下車徒歩約4分
•東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅 下車徒歩約5分
参加費 無料
定員
対象 一般社団法人 日本医療福祉建築協会、または、一般社団法人 日本医療福祉設備協会にご所属の方、医療関係者の方 
主催 認定病院患者安全推進協議会 施設・環境・設備安全部会
共催
協賛
内容 【事例発表病院】

「杖歩行自立患者の身障者トイレでトイレに入る際の転倒」 
安曇野赤十字病院

「シャワー室内水栓脚部接触による熱傷」       
医療法人社団 創進会 みつわ台総合病院

「放射線治療室に患者を閉じこめ」     
大阪赤十字病院

「機械浴シャワーでの熱傷インシデント」        
社会医療法人 抱生会 丸の内病院

「下降時エスカレーターでの転倒」
地方独立行政法人 総合病院 国保旭中央病院

「ベッドサイドテーブルが動いたことにより転倒」   
独立行政法人 国立病院機構 村山医療センター

「トイレから出てきた患者の転倒」
独立行政法人 国立病院機構 村山医療センター

「DSA室(血管造影検査室)、操作室での突然の電気消失」
医療法人社団 東光会 西東京中央総合病院

「吸引器ライナー交換時の曝露リスク」
医療法人財団アドベンチスト会 東京衛生病院

「カーテン上部の網目に点滴キャスターのフック部分がひっかかり転倒した」
地方独立行政法人 静岡市立静岡病院

【プログラム】

13:00~13:30  開会挨拶・講義
              部会長 筧 淳夫氏(工学院大学 建築学部 建築デザイン学科 教授)
                                       
13:30~15:30 事例発表 

15:30~15:45 休憩

15:45~16:55 全体討議・質疑応答

16:55~17:00 閉会挨拶

※進行予定や協議時間等については予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。
備考
注意事項 ★受付開始時間:12時30より
★公共の交通機関をご利用ください。
★やむをえずキャンセルなさる場合は、必ず事前にご連絡下さい。
◆ 研修会当日の連絡先 090-4065-5695
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
講師

お問い合わせ

公益財団法人日本医療機能評価機構 教育研修事業部 認定病院患者安全推進課大鹿、小泉
TEL:03-5217-2326FAX:03-5217-2331
E-mail:p0031_info_psp_office@jcqhc.or.jp
〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町1-4-17 東洋ビル
https://www.psp-jq.jcqhc.or.jp/